動物性栄養素の強いドッグフード
レトルト

動物性栄養素の強いドッグフード

動物性栄養素の強いドッグフードは、太るから良くないと考えられがちですが、運動量が多い若い犬には動物性栄養素の強いドッグフードが必要です。
犬だから皆同じフードを食べていればいいということではないのです。

犬種にもよりますが、例えば大型犬は子犬から成犬に成長するまでには、小型犬よりも多くの栄養が必要です。
成犬になってからも大きな体を維持するには、豊富な栄養が必要ですし、運動量が多い犬は動物性栄養素が欠かせません。
もちろんこればかりでは栄養が偏るため、全体のバランスが大切です。

猟犬やフリスビードッグのように、普通の犬よりも運動量が多い犬は特に食事の栄養には注意が必要です。
犬は自分で食事を選べませんから、飼い主が与えたフードを食べる事しかできません。
運動など目的がある場合は体を維持するために、栄養を必要としますが、それが足りていなければ思わぬ怪我をする事もあります。

動物性栄養素の強いドッグフードを何を基準にして選べばいいかについては、高タンパクのフードもオススメです。
タンパク質は筋肉の維持にも欠かせませんし、高タンパクのフードならたくさん量を食べなくても必要な栄養を補えるので、太る心配もありません。

犬も年齢によって食事の見直しが必要ですが、高齢犬になると食事の量が減っていきます。
少量でも高タンパクのフードを選べば、高齢犬でも十分に栄養を補う事ができます。

原料でおすすめなのは、鶏肉、ラム肉、卵、魚粉です。
これらは全て動物性栄養素であり、高タンパクです。
量を見極めればカロリーも低いから、太らせる心配もありません。

動物性栄養素の強いドッグフードというと、カロリーが高く犬を太らせてしまうのでは、と不安になってしまいそうですが、きちんと運動をしていれば消費できるので大丈夫です。
犬も運動不足になると太りますし、人間の勝手で食事を抜くダイエットはストレスがたまるだけなのでお勧めできません。
愛犬に合わせた食事管理を行いましょう。