ドッグフードに使用されている着色料
レトルト

ドッグフードに使用されている着色料

ドッグフードを選ぶ時は大抵中身が見えませんので、パッケージの写真を見て決めます。
この時黄色やオレンジ、緑色の粒が入ったフードは美味しそうに見えますが、ドッグフード本来の色ではありません。
人工的に着色しているので、着色料を使っている可能性が高くなります。

色とりどりのフードの中には天然着色料を使用していると書いてあるものがありますが、実際には石油を使い合成した着色料が使われています。

自然派ドッグフードの中には、例えばほうれん草の緑色や、人参のオレンジ色、かぼちゃの黄色と色がついているものもあります。
この場合は色がついていても鮮やかではなく、少しくすんだ色です。
見分ける基準としては、鮮やかな色はほぼ合成着色料の色と思っておくといいでしょう。

本当に無添加で天然由来の成分しか使用していないドッグフードは、茶色一色ですから見た目はあまり綺麗ではありません。
人から見ると綺麗な色ではないのであまり美味しそう見えませんが、肝心なのは中身です。
見た目が地味なのはドッグフードに着色料など余計な物を使っていない証拠でもあります。

同じように香料も注意してください。
美味しそうなビーフやポーク、バーベキューの香りはドッグフード本来の香りではありません。
無添加の自然派フードは香料なども一切使用していないため、原料そのものの香りがします。
酵母やハーブなどは独特な香りがするので飼い主には不快に思えますが、犬の健康を考えたら自然な方を選ぶでしょう。
犬にとってはとても魅力的な香りとなるため、食いつきなども変わってきます。

これはフードだけに限らず、おやつなども同じです。
おやつは特に添加物を多く使用しているので、選ぶときは材料などもチェックしてください。

犬の健康を第一に考えるなら、着色料や香料を使用していないドッグフードを選んでください。
自然派や無添加のフードは少し価格が高めですが、添加物で健康を害せば犬にも辛い思いをさせますし、治療費などもかさみます。
ドッグフードは毎日食べる主食ですから、できるだけ良い物を選んでください。