穀物不使用のドッグフードとは
レトルト

穀物不使用のドッグフードとは

ドッグフードの原料を見ると、穀物を使用している物が多く見られます。
穀物も体には必要だと考えますが、穀物は食物繊維が豊富に含まれます。
人にとって穀物は必要な物ですが、犬にとってはどうなのでしょうか。

元々犬は肉食ですから、体の構造も肉食ベースになっています。
人は消化力も高く、腸が長いので穀物をたくさん食べても消化できますし、腸をきれいにしてくれる効果も期待できます。
逆に肉をたくさん食べ過ぎると、消化しきれないだけでなく、胃もたれや体調不良の原因となります。
人と犬では体の構造が違うので、必要な栄養も異なります。

犬は穀物を消化する力が弱いので、穀物を多く摂取すると消化不良を起こし、体調を崩すことがあります。
穀物と炭水化物を多く摂取すると、犬も人と同じように肥満や糖尿病のリスクを高めます。

ドッグフードに肉よりも穀物を多く使うのは、原料が安いというのも理由の一つです。
また穀物がアレルゲンとなる事も多く、穀物アレルギーがある犬には穀物入りのフードは食べさせられません。

穀物よりも肉主体のフードの方が、犬の体に合っている事も確認されています。
こういった理由から、最近では穀物を使用しないグレインフリーのドッグフードが増えているのです。
ペット先進国のドイツで、穀物を使用しないアレルギー用のドッグフードがたくさんあります。

ただし穀物から得る炭水化物が不足してしまうという問題が起こります。
これにはじゃがいもなどの野菜を使う事で補えます。
実際に穀物不使用のドッグフードに切り替えてから、犬の体調が良くなったというケースもありますから、犬の健康を考えた時、穀物を使用しないフードを試してみるのもいいかもしれません。

ドッグフードの種類は豊富ですが、犬にとって不要なものを含み、それが体調不良や病気のリスクを高めるなら、排除するのも健康管理には必要な事です。
穀物は絶対必要ではありませんから、可能なら少し価格は高くても穀物を使用しないドッグフードを選ぶのもいいと思います。