ドッグフードに関する法律
レトルト

ドッグフードに関する法律

愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律は、農林水産省と環境省が共管しており、別名をペットフード安全法と言います。
ペットフード安全法ペットフード安全法は、ペットフードの製造に関する起立を行う事で、ペットの安全を守り保護するためにあるものです。
法律ですからこれを守らなければ、法律違反となり処罰の対象となります。

ドッグフードの質は昔に比べて向上しており、質の良いドッグフードなら他に何も与えなくても、運動管理や病気予防をしていれば犬の多くは安全に暮らせます。
しかし格安なドッグフードの中には、犬の健康を害するような成分や原料を使用する事もあるため、ドッグフード選びは慎重に行いましょう。

犬は飼い主に与えられたドッグフードを食べますから、自分で種類を選べません。
飼い主が犬の事を考えドッグフードをきちんと選んでくれればいいのですが、良質の物は値段も高めです。
犬を飼うのもお金がかかりますから、ついつい安い物で済ませようとする飼い主もいます。

もちろん市販されているものですから、それを食べたら死んでしまうようなものは使用していませんが、ペットフード安全法があるおかげで、安いドッグフードでも死なずに済んでいるのです。

ペットフード安全法では、農林水産大臣及び環境大臣が定めた成分規格及び製造方法があり、それを守らないもの製造したり、海外から輸入したりするのを禁止しています。

しかしペットフード安全法ができたのは、平成21年の12月です。
それ以前に製造したり、海外から輸入されたりしたものについては適用されません。
選ぶ時は成分や安全性の確認の他に、製造年月日なども確認しておきましょう。
ドッグフードを購入するときは日付の新しい物を選ぶと安心です。

ペットフードを輸入する業者や製造する業者は、届け出る義務があります。
これを怠れば法律違反となります。
法律が施行される以前の物は、農林水産大臣や環境大臣が業者に対して、回収や廃棄措置を命ずる事になっています。