肝臓機能の健康維持に向いているドッグフード
レトルト

肝臓機能の健康維持に向いているドッグフード

人にとっても重要ですが犬にとっても肝臓は重要な臓器です。
解毒という大切な役目がありますが、肝機能が低下するとあっという間に体に毒素が充満し死んでしまう事もあるのです。
言葉を話せなくても具合が悪い時はサインを出します、サインを見逃さない事も大切です。

犬も年をとれば老化が進みますし、見えないところで病気が進行している事もあります。
人間のように言葉を話せないため、どこか痛みがあったり、具合が悪かったりしても飼い主がそれに気づいてあげられないと病気も進行してしまいます。
突然倒れた時には既に手遅れというケースも少なくないため、犬の健康管理は飼い主が気を使いましょう。

食事には十分注意していても、加齢による肝機能の低下もあるため食事はとても重要です。
犬もある程度の年齢になったら、肝臓機能の健康維持に向いているドッグフードを考えて行きましょう。

この場合は肝臓に負担をかける成分が少ないフードを選びます。
動物病院では病気ごとに内臓に負担をかけない療法食を用意しているので、まずはかかりつけの動物病院で相談してみましょう。
療法食でも病気になってから食べるのではなく、病気を予防する効果も期待できます。
動物病院でドッグフードを購入する場合は獣医師の判断が必要ですから、必ず相談してください。

ドッグフードは質も重要です。
健康維持という目的も兼ねて、質の良いドッグフードを選んであげましょう。
食べたものをきちんと消化する事も大切です。
添加物も蓄積されれば毒になり肝臓に負担をかけますから、可能な限り避けるのがベストです。

少し価格は高めですが、体に良い無添加の物を選ぶのもおすすめです。
人が口に出来るかどうかも見極め基準です。

犬の健康のために、肝臓機能の健康維持に向いているドッグフードを選ぶ事も大切ですが、病気になる前に予防をする事ができます。
同じように心臓病の犬に与えるドッグフードもあります。
これには定期的な健康診断が欠かせません。
犬も人間と同じように、定期的に健康診断をすれば、早期発見早期治療につながります。