ドッグフードはメーカーごとにどう違う?
レトルト

ドッグフードはメーカーごとにどう違う?

ドッグフードのメーカーもたくさんありますが、国内だけでも主要メーカーが数社ありますし、今は海外からも良いドッグフードがたくさん入ってきています。
日本では販売されていない海外のドッグフードも、ネットで個人輸入や海外に直接注文ができるようになっています。

日本でも以前に比べてペットに対する考え方は変わっていますが、まだまだペット先進国のドイツに比べると犬の扱いは全然違います。
これはドッグフードに対する考えにも共通していて、最近ではドイツ製のドッグフードも注目されています。

メーカー毎に様々な工夫をしていますが、同じビーフフレーバーでも、中身は全く違います。
フードの主な成分はタンパク質ですが、動物性のタンパク質ではなく、消化のいい植物性のタンパク質のみを使用した物もあります。

犬にもアレルギーがあるため、穀物が食べられないワンちゃんもいます。
こういう場合は穀物を使用していないフードもあります。
ドッグフードには肉を使うイメージもありますが、肉を一切使用せず、魚を主体としたフードもあります。

肉は元々肉食ですから、肉を全く食べないのも心配というなら、アレルギーの出にくいターキーやラムを使ったフードも選べます。
メーカー毎に成分を比較すると、違いも見えてきますから、次に選ぶ時は成分を細かくチェックしてみましょう。

ざっと見ただけでもかなりのメーカーがあり、メーカー毎に種類も変わってきます。
なかなか決められない事がありますが、頻繁にフードを変えてしまうと胃が付いていかずお腹を壊してしまいます。
コロコロと変えずにしばらく様子を見て、問題ないようなら次に切り替えるまでしば楽続けてください。

このようにメーカーによりドッグフードは違うのです。
犬のとっての主食ですから、安全性は何よりも重要です。
信頼できるメーカーの物を選び、年齢によって必要な栄養は変わるので、フードの種類も変えていきましょう。
メーカーごとに指針が違いますので、詳しく調べて対応しましょう。