レトルト

ドライのドッグフードはダニに注意

ドッグフードのようにカリカリとした物は乾燥させていますが、家の中には人が食べる乾き物や小麦粉のような粉状の食材があります。
小麦粉や乾き物は長期間保存が効くので、食器棚やキッチンにおいていますが、きちんと密閉しないと隙間からダニが入り込み、それを知らずに口にしている人も多いと言われています。

ダニアレルギーがある人は室内の掃除を徹底しますが、実は知らない間に口にしている事も多いのです。
これはドッグフードにも言える事で、袋を開けてきちんと密閉しないとダニが入り込みます。
犬にもダニアレルギーは起こります。
アレルギー処方のフードを選んでいても、ドッグフードの保管方法が悪いと直接フードにダニの糞が混入してしまい、それを知らずに犬が食べてしまうので、アレルギー症状が出る事もあります。

特に大袋で購入したフードは食べきるまでに少し時間がかかりますから、ついうっかり袋の口を開けたままにしてしまう事もあります。
この時ダニが侵入すればドッグフードが汚染されてしまいます。
袋をきっちり閉じたつもりでも、隙間があると入り込みますから、面倒でも小分けにして密閉できる容器に移し替えましょう。

ゴムのパッキンが付いているとより密閉度が高まるので、ダニの侵入を防げます。
これはドッグフードに限らず、人用の食材でも同じです。
特にダニアレルギーはある人は小麦粉や天ぷら粉、乾燥わかめなどの保存には注意してください。

洗濯バサミやクリップで留めても、隙間があればダニは入り込みます。
チャック付きの袋でも隙間があれば容赦なく入り込みますから、空気が漏れていないか確認しておきましょう。

ダニは高温多湿を好みますから、夏は特に注意が必要です。
可能であればドッグフードは密閉容器に移し替え、冷蔵庫に入れておくとダニの混入を防げます。

大袋は価格もお得だから選びやすいのですが、保存方法が悪いとダニの糞を食べてしまう事になるので十分に注意してください。