オーダメイドドッグフードの活用法
レトルト

オーダメイドドッグフードの活用法

ドッグフードは市販のものでも質を選べば、栄養バランスも整っていますし、フード以外を与える必要はありません。
しかし中には市販のドッグフードが食べられない犬もいます。
こういう時は手作りをするか、オーダーメイドのどちらかになります。

犬の食事をオーダーメイドにするのはかなり限られた人しかできない事のように思えますが、実は犬の健康を考えて自分の事よりも犬の健康を優先したいと考える飼い主も増えているのです。

最近は犬の健康志向も高まっていて、無添加や国産などドッグフードこだわる傾向が高まっています。
こだわりが強いほど価格も高くなるのですが、犬にはいくらかけてもいいという飼い主もたくさんいます。

オーダーメイドなんてものすごく値段が高いイメージもありますが、実際にところは少し高級なフードとそれほど値段は変わりません。
メーカーによって選択肢も違いますが、いくつかある材料の中から選ぶものや、あらかじめ組み合わせをしているモノのなかから選ぶタイプなどもあります。

犬も年齢に合わせて食事を見直す必要があるため、オーダーメイドフードは年齢ごとに分かれています。
メーカーによって完成品も異なりますが、オーダーメイドでも見た目は普通のドッグフードと同じです。

ただし注文してから作られるため、新鮮で風味も際立っています。
犬も美味しそうな香りがするので興味を持ちやすいですし、保存料や酸化防止剤も使用していないから安心して食べさせられます。
ただし賞味期限があるので、早めに食べきる事も大切です。

中には深刻なアレルギーを持つ事もあって、アレルゲンを摂取すれば犬も苦しみますし辛い思いをさせてしまいます。
手作りフードもいいのですが栄養バランスが偏ります、こういう場合はアレルゲンを避けられるオーダーメイドのフードはとても便利です。
オーダーメイドドッグフードは栄養バランスも整っています。
拘りたいならオーダーメイドという手段があります。