ドッグフードの安全性とは
レトルト

ドッグフードの安全性とは

ペットショップやペット用品を扱うお店で売っているドッグフードなら安心と考えますが、ドッグフードを選ぶ時に何を基準にしているかは人により違います。
メーカー、値段、コスパなど選び基準もいろいろですが、犬の健康を考えたら安全性も選ぶ時の基準にプラスしてください。

今はドッグフードの質も向上しており、人間でも口にできる材料を使ったり、完全無添加にこだわって作ったり、オーガニックドッグフードなど種類も豊富です。
確かにこういう物は安心できますが、こだわりが多いほど値段が高くなります。
可愛い犬のためでも、毎日の食事になれば費用もかさみます。

安いドッグフードすべてが悪いというわけではありませんが、選ぶ時は安全性も意識して選ぶのがおすすめです。

注意したいのは、肉骨粉です。
一見すると特に問題ないように思えますが、死骸や安楽死させられた犬や猫の肉骨粉を使用している製造業者もいます。
こういったフードはリサイクルフードと呼ばれるのですが、肉骨粉には病気のウイルスや細菌が含まれている可能性もあります。

もう一つ注意したいのは肉副産物です。
これは肉ではなく、内蔵や血液、鳥の羽や糞も含まれます。
病気がなくても大切な犬に、人間が口にできないような物を含んだドッグフードを与えるのはいかがなものでしょうか。

パッケージに表示されていればまだ見分けが付きますが、中には肉骨粉や肉副産物を使用しているのに、表示していない業者もいます。
こういうドッグフードは安全性にも疑問がありますが、大抵は値段が安いので格安や激安の物を避けていれば回避できます。

言葉を話せず自分で食べるものを選べない犬だからこそ、飼い主がフードを選ぶ時は犬の健康の事も考えてください。
健康な人でも体に悪い物ばかり食べていれば病気のリスクが高くなるのと同じように、犬もフードの質が悪ければ、食事が原因で病気になる事もあるのです。
ドッグフードの安全性を考えるのも飼い主の役目です。