半固体のドッグフード
レトルト

半固体のドッグフード

半固体というのは、液体と固体が合わさった事を意味しますが、ドッグフードの場合でいうと、パッケージには半生タイプと表示される事が多いです。
カリカリのドッグフードが食べられない子犬、歯が悪い高齢犬などに向いています。

犬によっては歯が悪くなくても、柔らかいフードを好む事があります。
カリカリのフードを食べない場合は、半固体の物を試してみてください。
食感が変わっただけでも新鮮さが増しますし、好奇心旺盛な犬には効果的です。

犬も人間と同じように年齢に合わせて食事の好みや必要な栄養が変わります。
ドッグフードにも対象年齢がありますので、年齢に応じて切り替えも検討してください。
高齢犬になると噛む力も弱くなりますし、消化する力も衰えます。
この場合、カリカリのフードをお湯で柔らかくしてから食べさせる事もできますが、まだ噛む力がある場合は半固体の方がいいかもしれません。

暑い夏は犬も一時的に食欲が落ちる事があります。
こういう時に缶詰を混ぜると喜んで食べてくれますが、今度は缶詰を混ぜないと食べなくなってしまうという別の問題も出てきます。
こういう時に半固体のドッグフードを混ぜると、香りの違いもありますが、食感の違いが面白くて興味を持ち食べるようになる事があるので試してみてください。

今は無添加のドッグフードも増えています。
飼い主にとっても安心して食べさせられますが、半固体の場合は特にカビが生えたり、腐ったりしやすいので保管方法には注意が必要です。
タッパーやチャック付きの袋に小分けにして、冷蔵庫に入れておけば無添加でも長持ちしますし、空気に触れないように保管すると風味も逃げないから最後まで美味しく食べられます。

犬種によっては歯が小さく、硬いフードを食べられない事があります。
こういう時も半固体のドッグフードがあると便利です。
粒の大きさも種類がありますから、犬の口や歯の大きさに合わせてベストな大きさを選んでください。